HACCP 温度管理 HACCP 温度管理

温度管理について

食品衛生法の改正で、食品等事業者を対象に「HACCPに沿った衛生管理」が制度化され、飲食店なども「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」が求められることになりました。HACCPで最も大事なことの1つとして温度管理が挙げられます。食品工場や倉庫、ホテルやレストラン厨房にある冷蔵庫・冷凍庫の温度、または調理後の食材中心温度やフライヤーの油温、さらには輸送トラックの積荷温度など、様々な場面において適切な温度管理は重要な要素です。HACCPでは、温度などのデータを毎日記録、保存する必要があります。また、温度が本当に適正に管理されているかどうかを日々チェックする環境を整えなければなりません。温度管理システムを導入することで、これらの作業を効率化することができます。

温度管理システムACALAの仕組み

温度管理システムのACALAは、クラウド型の温度管理システムで、設置された機器、計測データ、そしてクラウドアプリケーションとが連携したトータルサービスとしてご提供しています。ACALAの開発をはじめる以前から、トレーサビリティを重視した薬局用の調剤画像記録サービス「調レコ」を開発し、約250の医療、薬剤関連施設での導入実績もあります。実は、ACALAも当初は、薬局が保有する薬剤ストックの温度管理を目的に開発されましたが、今日では医療バイオ分野のみならず、食品関連の工場・倉庫・厨房・店舗・物流および農業分野などで多くのお客様に温度管理システムとして採用されています。
※ ACALAはタイムマシーン株式会社の登録商標です。
※ 本資料中の他の製品名、および、サービス名等は各社の商標です。
※ 本資料の著作権はタイムマシーン株式会社に帰属します。
O1

初期費用0

温度管理システムのACALAは、センサやゲートウェイなどのハードウェア機器、運用管理のためのサーバやソフト、およびサポート対応が連携したワンストップサービスです。初期費用は不要※1で、月額のトータルサービス利用料金のみをお支払い頂くことで、温度管理に関するワンストップサービスをご利用頂けます。利用料金はお客様から提出される「希望測定環境情報」に準じて最適なシステムプランをご提案いたします。
O2

簡単設置

温度管理システムのACALAは、電池駆動の無線センサを利用しているので配線工事が不要。ネットワーク設定なども不要で、親機の電源を入れればすぐに測定が始まります。お客様自身で機器の設置を頂くことが可能ですが、弊社専門チームでサポートも行っており、安心してすぐに温度管理システムをご利用頂けます。
O3

簡単メンテナンス

温度管理システムのACALAの温度センサは、防水防塵仕様※2ですので、本体は泡洗浄などを頂いても大丈夫です。毎分データを測定・送信するセンサの電池寿命は設計値5年※3と長く、電池交換の手間が省けます。電池残量については専門チームが監視しており、電池切れ前にお客様にご連絡をしてセンサ本体ごと交換させて頂きます。
O4

24時間遠隔監視

温度管理システムのACALAはインターネット環境があれば、いつでもどこからでも現在の温度を確認することができ、各センサは夜間など従業員が不在の時間も1分毎の温度を測定・送信し続けます。また、直近2年間分のデータはクラウドサーバに保管されており、いつでも過去のデータを確認・分析することが可能です。温度管理システムACALAをうまく活用することで、過去の記録と現在の記録を比較し、問題を発見できることも多いでしょう。
O5

異常発生時のアラート機能

温度管理システムのACALAは、基準温度や時間※4を予め設定しておくことで、その基準を逸脱するとアラートを発報させることができます。アラートは、遠隔地にいるスタッフでもメールや電話で受け取ることができ、現場にはブザーなどで通知することも可能です。
O6

帳票の自動作成機能

温度管理システムのACALAは、日報、週報、月報などを予め設定しておくことで、担当者はメール添付などで決まった日時にCSV、XLSX、PDFなどで帳票を受け取ることが可能です。これまで手書きで紙に温度を記録・保管していた場合は、温度管理システムのACALAを導入することで記録や確認の労務軽減に加え、帳票のペーパーレス化が可能です。
※1 設置現場にご訪問して設置サポートをお求めの場合は別途費用が発生致します。
※2 センサタイプによって防水性は異なりますので、詳細はお問い合わせ下さい。
※3 5年は設計値ですので、利用環境によって電池寿命は短くなります。
※4 一定時間連続して温度逸脱が発生して初めてアラートを発報するよう設定できます。

温度管理システム
ACALA MESH 紹介動画