ACALA MOBILE

 

医療施設、食品工場、物流倉庫、各種店舗などでご利用いただいているACALA MESHですが、お客様のニーズにお答えしてACALA MESHを車載用に特化させたACALA MOBILEが新しく登場しました。

 

 

移動体に特化した温湿度モニターサービス

 

ACALA MOBILEは冷凍/冷蔵コンテナを搭載したトラック等の移動体の位置情報と温湿度モニターに特化したサービスです。クラウドへのデータ送信は3Gのモバイルデータ通信を使用します。

 

 

高精度位置情報データ

ACALA MOBILEはGNSS(全地球航法衛星システム) に対応し、GPSだけでなく、GLONASS等の衛星信号も使用して精度を向上しています。また、ジャイロセンサ、3D加速度センサを使用して、衛星信号が途切れた際にも位置精度を保ちます。ACALA MOBILEが提供する、移動体の移動履歴はハイエンドカーナビと同等、または、それ以上の精度の位置データを提供します。

img_02.jpg

 

 

移動履歴の可視化

 

ACALA MOBILEで追加された、地図情報表示機能は、車両等の移動体の現在位置だけでなく、移動履歴を温湿度データと共に表示する事ができます。

 

 

配線不要の温湿度センサ

 

接続ACALA MOBILEの温湿度センサノードは、ACALA MESHの無線温湿度センサノードを使用しています。運転室とコンテナまたは荷室間に配線/配管は不要です。

 

 

簡単な導入作業とメンテナンス

 

ACALA MOBILEは温湿度センサーノードを、コンテナまたは荷室に設置し、運転席に設置したベースステーションの電源を入れると、無線メッシュネットワークが自動的に構成され、クラウドサーバに温湿度データの送信を開始するので、導入作業が非常に簡単です。 また、温湿度センサーノードは5年間、電池交換が不要(通常使用の場合)なので、メインテナンスも簡単です。

 

 

高信頼性無線ネットワーク

 

ACALA MOBILEはベースステーションと3個以上の温湿度センサーノードによる、メッシュネットワークで構成され、精密な時刻同期と周波数ホッピング機能により、高信頼性を実現しています。

 

 

安定した3G通信

 

ACALA MOBILEはクラウドへのデータ送信にモバイルデータ通信を使用しています。ベースステーションとクラウド間の通信を安定して行うため、モバイルデータ送信が切断された際の再接続機能、システム再起動機能を搭載 し、高可用性を実現しています。

 

 

機能・仕様

 

ベースステーション(ACALA MOBILE対応)

 

img_03.jpg

 

 

  • 電源電圧 12/24V DC(車載電源)
  • 消費電力 3.0W(Typical)4.0W(Max)
    12V 1A以上の常時電源供給ができる車載電源に接続
  • GPSアンテナ感度 TBD
  • アンテナケーブル長 5m
  • 対応モバイル通信 NTTドコモ 3G*
  • サイズ W105×D45×H75mm
  • 重量 170g
    *標準で NTTドコモ 3G SIMを搭載しています

 

 

センサノード

 

センサ仕様一覧.png

 

通信:SmartMesh IP(IEEE802.15.4e)

無線通信距離:見通し最大100m、通常使用環境30~60m(※設置場所の電波環境に依存します)

電源:リチウム一次電池

電池寿命:5年(※タイプTの設計値。実際の電池交換時期はセンサ種別、実使用環境の電波条件、温度条件により異なります)

 

 

プランニングの考慮点、及び設置に関する注意

 

  1. ベースステーションの向きに注意して設置してください。
  2. ベースステーションを多湿または直射日光のあたる場所に設置しないでください。
  3. ベースステーションは防水ではありません。水濡れ等に注意してください。
  4. 運転操作や作業の邪魔にならない様にケーブル配線を行ってください。
  5. GPSアンテナは他のアンテナから10cm以上離れた感度の良い場所に設置してください。
  6. GPSアンテナに時計や磁気カードを近づけないでください。

 

 

page top