ACALAとは

 

ACALAは、タイムマシーン株式会社が2012年に開発を始めたクラウド型の統合監視記録ソリューションで、設置された機器、計測データ、そしてクラウドアプリケーションとが連携したトータルサービスとしてご提供しています。ACALAの開発をはじめる以前から、トレーサビリティを重視した薬局用の調剤画像記録サービス「調レコ」を開発し、約250の医療、薬剤関連施設での導入実績もあります。実は、ACALAも当初は、薬局が保有する薬剤ストックの温度記録による品質管理を目的に開発されましたが、今日では医療バイオ分野のみならず、食品関連の工場・倉庫・店舗・物流、および農業分野などで多くのお客様に採用されています。

 

・ACALAはタイムマシーン株式会社の登録商標です。
・本資料中の他の製品名、および、サービス名等は各社の商標です。
・本資料の著作権はタイムマシーン株式会社に帰属します。

 

 

 

ACALAの技術

 

高信頼性の無線センサネットワーク

ACALAの主力サービスである”ACALA MESH”は、従来のワイヤレス (無線)テクノロジーでは解決できなかった、「信頼性が低い」、「消費電力が大きい」、「電池交換が頻繁」、といった問題を解決しました。ACALA MESHは最新の3つの無線テクノロジー、「メッシュネットワーク」、「精密時刻同期」、「周波数ホッピング」を採用することでケーブルを使用した有線接続に匹敵する「高信頼性」と5年間電池交換不要を実現しています。

 

 

導入作業が不要な無線センサ

センサを設置し、ベースステーションの電源を入れると、メッシュネットワークが自動的に構成され、面倒なネットワーク設定を行わずに運用が開始できます。

 

 

メッシュネットワーク

軍事テクノロジーから派生したメッシュネットワークはひとつのセンサが複数の隣接するセンサと通信を行い、メッシュ(網型の接続トポロジー)を構成します。メッシュの構成は自動的に行われ、通信路に障害が起きてもメッシュ構成の自己修復を行い、通信を継続する、高い耐障害性も持っています。

 

 

精密時刻同期

ACALA MESH のすべてのセンサは精密な時刻同期が行われ、同時に低消費電力モード(スリープ)から短時間で通常電力モードに復帰して通信を行います。例えば、1分毎の通信を設定した場合、通信を行う通常電力モードは毎分10ミリ秒程度で、 通信終了後は省エネモードに移行し、大幅な省電力が可能です。ACALA MESHでは、センサの5年間電池交換不要(常温)を実現しました。

 

 

周波数ホッピング

周波数ホッピング通信においては、時間軸にそって、一定ルールで使用周波数が変更され、混信、傍受を防ぐとともに、電磁波の物理的伝送路の揺らぎから、交信成功の可能性を増やします。耐障害性、信頼性アップの秘密です。

 

 

トポロジー表示

ACALA MESHは各センサの電池電圧はもちろん、センサ間の通信状態をマップ上に表示します。例えば建物の図面上にセンサを配置し、メッシュの状態や温湿度状態をリアルタイムに表示が可能です。このトポロジー表示はセンサの安定したメッシュネットワーク構築を可能にします。

 

 

 

機能・仕様

 

ベースステーション

 

img_03.jpg

 

  • 電源電圧 100V/AC
  • 消費電力 2.5W(Typical) 同梱AC/DCアダプター(5.1V 2.4A)を使用して商用電源に接続
  • 有線LAN 100M
  • 対応モバイル通信 NTTドコモ 3G/LTE
  • サイズ W139×D45×H90mm(アンテナ及びアンテナ取付部を除く)
  • 重量 290g
  • 温度範囲 0℃~40℃(結露しないこと)
    ※標準で NTTドコモ 3G/LTE MVNO SIMを搭載しています

 

 

多岐にわたるセンサ種

 

スクリーンショット 2017-10-03 20.12.14.png

 

Type T/TH/WP/PT 詳細仕様はコチラ

 

 

センサ種によって異なる時定数

 

img_06.jpg

 

プランニングの考慮点

  1. 最低構成はベースステーション1台、センサ3台です。
  2. 鉄筋コンクリートの建物や広い敷地内での利用においては、複数台のベースステーションが必要です。
  3. 各ベースステーションは、有線LANのインターネット接続環境、または、DoCoMo 3G/LTEの電波が受信できる環境が必要です。プライベートアドレスに対応しています。
  4. 各ベースステーションは、最大30台までのセンサをサポートします。

 

 

位置情報も記録する移動体に特化した”ACALA MOBILE”はコチラ

無線が機能しない特別な環境にも対応する有線タイプの”ACALA PoE”はコチラ

 

 

 

ACALAの特徴

 

簡単設置

配線工事をしたり、既存設備を変更する事なく後付けが可能な機器。お客様がDIYで簡単に設置することができ、専用の電話サポートも行っています。

 

電話サポート対応時間:月〜金曜 9:00~17:00(祝日・年末年始は除く)

 

kantan.png

 

 

数値の見える化

アナログメーターやデジタル表示、折れ線グラフなど管理者が視覚的に状況を把握できるインターフェイスを搭載。また、インターネットに繋がったPCやスマホがあれば、特別なソフトをインストールする必要もありません。

 

mieruka2.png

 

 

リアルタイム監視・アラーム機能

測定データはセンサからクラウドに「毎分」自動送信。あらかじめ設定した温湿度範囲を逸脱した場合には、電話・メール・ブザーによる警告が行われます。このアラーム機能を使えば、繁忙時間や休日中の異常も見逃しません

 

realtime.png

 

 

監視と記録

同一施設内に設置した複数センサの状況を一覧表示。また、信号機表示を使えば、どの施設が正常温度を逸脱しているかどうかが一発で分かります。

 

tougokanshi.png

 

 

防塵・防水

食品工場などのHACCP対応に効果的とされる泡洗浄を行う際など、完全防水センサなので取り外し不要!ビルの外壁や農場などの屋外でも利用可能です。

 

waterproof.png

 

 

初期費用ゼロ

設置機器・計測データ・クラウドアプリケーションが連携したトータルサービス。初期費用は不要※で必要なのは月額サービス利用料のみで、資産管理の必要もありません。
※設置サポートなどのオプションサービスをご利用になる場合は別途費用が発生します。

 

initialcost.png

 

 

 

page top