医療関連

温度管理に対する意識が高い医療施設では、古くから温度の監視や記録が人手によって徹底されていました、そういった作業を完全に自動化できるACALAは、利便性の高いテクノロジーとして評価され、またデータの信頼性の高さから、治験薬や検査薬をはじめとした医薬品の温度監視・記録のために活用されています。

「福山第一病院」

1978年、広島県福山市に第一外科胃腸科医院として開設した福山第一病院様でACALAをお使い頂いています。全ての薬品保管場所にACALAが設置されており、どこにいてもPCやスマホから現場の状態を確認でき、異常時も携帯電話に異常警報を転送できることが非常に便利とのご好評を頂いています。

page top