福岡運輸株式会社

国内で初めて冷凍輸送を手掛け、現在では多様化する物流ニーズに対応できるロジスティックの確立を意欲的に進める福岡運輸様でACALAを使って頂いています。低温輸送車に取り付けられたACALAは、積み荷の温度環境がどうなっているのか、車両はどこにあるのかをリアルタイムに送信しており、低温輸送の安全面・効率面の向上において活躍しています。また、新車だけでなく旧車にも手軽に設置できることにも大変好評を頂いています。